ゆいの脱毛サロン、初体験日記!
TOP PAGE > いらない毛をきれいになくしたいと思っている人へ

いらない毛をきれいになくしたいと思っている人へ

いらない毛をきれいになくしたいと思って、自分の家で脱毛クリームを使って処理するのは女性にとって定番の方法の一つです。



体表の余分な毛は脱毛クリームで溶けてしまうので、スベスベの肌が手に入ります。一方で、毛を溶かす物質は肝心の肌を傷める場合もあり、敏感肌の方はもちろん、普段は平気な方でも体調によって影響が出ることも。処理後のスベスベ肌を保つことができる時間が短いのも顔を出しているのも困ったものです。

脱毛をするオンナのコがとても多くなっていてあちこちに脱毛エステがあります。



中でも長年の経験と実績のある有名な脱毛エステがTBCになります。


TBCでは、高い脱毛効果があるスーパー脱毛とお肌への負担が少ないライト脱毛の2種類の脱毛の中からお好みのやり方を選べるのが特性です。脱毛サロン利用のきっかけは人により様々でしょうが、中には出産を契機に脱毛したいと思うようになったという女性もいるのですが、子供を連れて供に通える脱毛サロンは多くはありません。ですので単なるカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすればいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)すら子供を連れていると受けることができないという脱毛サロンがあってもおかしくありません。

メジャーな脱毛サロンでは難しいのですが、小さい規模のおみせなどでは子供連れの事情を汲んでくれ、利用できるところもあるようですし、ショッピングモールなど大型商業施設の中にあるサロンでしたら、その施設の託児所利用を考えるのもよいでしょう。
敏感肌の人は、脇の脱毛をする時に、安全面こだわって処理方法を決めたほうがいいでしょう。例えば、カミソリを使って脇の脱毛はお手軽ですが、肌にとっては大きな負担です。

家庭用の脱毛器の中にも商品次第では肌にトラブルをおこす原因になるときもありますので、脱毛サロンでの施術がいいのではないでしょうか。脱毛を一箇所だけでなく複数個所に施したいと望んでいる方々の中には、掛け持ちで脱毛エステに通っている人が少ないとは言えません。
同じエステに脱毛処理を全てお任せするよりも、総額が低くなることが多いからです。一方で、エステを掛け持ちすると面倒も増えますし、必ず費用が抑えられる所以でもありません。


費用を計算し、施術の結果をきちんと比べて、失敗のない掛け持ちを目指しましょう。
光脱毛の施術を受けた後にひんやりジェルなどで肌を冷やしてはくれますが、その日は多少の赤みが出現することがあります。



夏に施術を受けた場合には、赤みが出現する場合が多いように思いますね。
そのような時は自ら冷却タオルで冷やしたりして赤みを防ぐ対策をしていますね。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 ゆいの脱毛サロン、初体験日記! All rights reserved.